ESDプログラム

厳しい時代をたくましく
「生きる力」を育てる
青少年育成プログラム

小学校は2020年度、中学校は2021年度から新しい学習指導要領が始まります。子どもたちが自分のよさや可能性を認識するとともにあらゆる他者を価値のある存在として尊重し、多様な人々と協議しながら様々な社会的変化を乗り越え、豊かな人生を切り拓き、持続可能な社会の創り手となるために、2つのESDプログラムを実施いたします。

プログラム1
地域の先生

地域の大人である青年会議所メンバーが学校等を訪問し、職業人としての講演を行ったり、実際に青年会議所メンバーの職場で職業体験等をします。実際に同じ地域に住み、同じ地域で事業をしている講師による授業は、中学校で行われている職業体験への布石やまとめとして、自分たちの将来について熟考するきっかけづくりとして、多くの保護者の方や学校関係者の方よりご好評をいただいております。

プログラム2
グリーンマップ・プロジェクト

「地図を作る」という行為を通じて、自分のくらしているまちの生活・環境にいいもの、悪いものを、子どもたちを中心に青年会議所メンバーや地域の住民が一緒になって調査しながら、世界共通の169個の「グローバルアイコン」と呼ばれる絵文字を使い地図に表していきます。アイコンをもって実際に町を歩くことによって、違った視点で捉えることができ、日々行われている活動や課題を見える化することで、生活力を育むことができます。そして、できあがった地図をもとに発表会を行い子どもたちの「思考力「判断力」「表現力」を高めていきます。

後援:相模原市・相模原市教育委員会

  • 【前編】須賀雄太(有限会社エス・エス・ジー)

  • 【後編】須賀雄太(有限会社エス・エス・ジー)

  • 苗村俊(なえむら総合会計事務所)

  • 【楽屋トークvol.01】

  • 【前編】田畑大(株式会社グランディル)

  • 【後編】田畑大(株式会社グランディル)

  • 【前編】志村亜希子(Career-Now)

  • 【後編】志村亜希子(Career-Now)

  • 安達裕也(株式会社ダイアグラム)

  • 富田恵(bianca)

プログラム開催校募集

募集要項

開催規模

1クラス(20名程度)〜1学年(300名程度)

必要時間

①地域の先生(1コマ 20分~40分程度)

1)相模原青年会議所よりあいさつ
2)講師による授業20分~35分程度
※ご依頼により、講師2名にて20分ずつ行い、挨拶~講話で40分~45分程度にて実施も可能です。※講義後、青年会議所メンバーの職場での職業体験を希望する場合には、受入先の講師と日程調整、参加可能人数等の打ち合わせを行います。
(業種例)
建築業、とび・土工工事業、大工、電気工事業、運送業、不動産業、飲食業、塗装業、印刷業、ウエブデザイン業、保険業、葬祭業、弁護士・公認会計士・司法書士・行政書士・社会保険労務士等の士業、幼稚園保育園・老人ホーム経営 等

②グリーンマップ・プロジェクト

1日かけての開催・複数日に分けての開催・短縮版での開催など、実際のタイムスケジュール・進行方法については、依頼をいただいた学校・団体等の皆様の意向を考慮しながら、柔軟に対応させていただきます。
出来上がったマップは、市内小中学校、公民館、行政施設等での張り出しを予定しています。

目的

①次世代を担う子どもたちの問題解決に必要な思考力・判断力・表現力を育てていきます。
②次世代を担う子どもたちの主体的に学習に取り組む態度、多様な人との協働によるコミュニケーション力を高めてきます。
③地域の仕事に対する理解を深め、地域への愛着や誇りを持っていただきます。

御依頼事項(学校内での開催の場合)

①駐車場のご準備。
②開催規模にあったオーディオビジュアル(モニター、プロジェクター、スピーカー、マイク)の準備。
③当日のPC接続確認へのご協力(PCはこちらで準備致します)。

お問い合わせ

下記よりPDFファイルをダウンロードいただき、必要事項明記の上、指定送信先へと送信ください。