JcMagazine

メンバーインタビュー 苗村 俊 君

今日は苗村君に会員紹介インタビューを行います。では改めて自己紹介をして下さい!

-苗村俊と申します。相模原の東林間で会計事務所とコンサルティング会社をやっています。

会計事務所とコンサルティング会社の二つやられているのですね。会計というとなんとなく税理士さんに近いお仕事のイメージですが、コンサルティングというのはどういったことをやられているのですか?

-会計はもちろんとして、(コンサルティングでは)会社の再建を支援する仕事が多いです。今日も会社再建の仕事で、会社の役員と銀行と会議をして帰ってきたところです。業績の悪い会社に入って、業績を立て直すというのが主な仕事ですが、会社を良くすることによって社長や従業員から感謝をされるというのにやりがいを感じています。

業績を立て直すというと、USJの業績をV字回復させた森岡氏が一躍有名になりましたが、あのようなイメージで良いのでしょうか?

-そうですね。人によって得意なパターンがありますが、私の場合は経営者へ指導するというよりは、良くなる手立てを経営者と一緒に徹底的に考えて良くしていくというやり方です。また、公認会計士・税理士の資格も保有しているので、業績が良くなるまでの資金繰り支援として銀行と交渉したりもしています。

業種は問わないのですか?

-私の場合は問わないですね。自分の得意な分野でやっている人もいますが、私の場合はなんでもやります。

なるほど、ありがとうございます。ちょっと最初から深い業務内容に踏み込んでしまいましたが、少し戻ってJCに入ったきっかけを教えてもらっていいですか?

-はい、JCに入ったきっかけですね。今は移転しましたが、私が元々いた事務所は相模大野にあるシュアオフィスで、飯田歴代理事長や去年卒業された樋口先輩、また現役の今西弁護士がいらっしゃるビルだったんですね。そこの管理不動産会社が鈴木歴代理事長で、鈴木先輩からお誘いを受けました。当時独立したてでどこにも所属していなかったこともあり、一つくらい入っても良いかなと思い、その時の拡大委員長髙橋和也さんに話を聞いたのが最初です。

なるほど、そういう流れなんですね。JCだらけのビルに入ったのがきっかけですかね(笑)。ありがとうございます!ではそういったコンサルティング会社を起業することになったきっかけを教えてもらっていいですか?

-起業のきっかけですが、(前職場で)先程話した企業の再建をやっていたのですが、神奈川以外の地方の仕事が多く、地方を盛り上げても自分の住んでいる神奈川や相模原には何も還元出来ていないことに気付き、それだったら自分の住む町を盛り上げたいと思い独立しました。

すごいですね。地域に対して本当に真摯に向き合っているのですね。

企業の再建再生(コンサルティング)を元々やっていたということですが、非常に特殊で経験も必要な業種とお見受けするのですが、どこかで学ばれたのですか?それとも独自で身につけたのでしょうか?

-前職は会計事務所だったのですが、コンサルティングが併設されていて、そこは昔から企業再建などが強かったので、そこで色々と教えてもらいました。(業務を行う上で)何が必要かというと、銀行は銀行の考え方があるので、その考え方に沿うような形で再建計画を練ったり、お金が回っていないと何もできませんので、経営者の再建の想いをどう再建計画や資金繰りに反映させるかを学ぶ必要があります。上場企業の様な大きな会社向けのコンサルティングと比較すると、どうしてももらえる報酬は少ないので、結果私のように再建を仕事としてこなしている人は少ないと思います。

コンサルティングなどは規模にもよると思いますが、大まかな費用感を教えて頂けますか?

-税理士として税務顧問をやっている場合は毎月の顧問料に+数万円いただいてやっています。また、大規模にやる場合は補助金を活用して、最大でコンサルティング費用300万円のうち200万円まで国から補助を出してもらえます。そうすると自己負担額は最大100万円ですが、金融機関に返済するお金が月額10万円だったら交渉して10カ月間ストップして、そこを原資に報酬を頂くので、そこまで負担感はないと思います。

私の強みとしては、会社の顧問税理士業務とコンサルティングを一緒にやれることです。再建のために必要な基礎情報は顧問税理士が大部分を知っているため、別々にやると2度説明して2度報酬を払う必要がありますが、同時にやればその必要がありません。税理士は税金の申告をする事が仕事で、それが一番重要なことではありますが、それと同時にお預かりしている業績情報はとても貴重な機密情報でもあります。その情報を活用して会社にプラスαを提供出来るのは、税理士だからこそですし、税理士の中でもそこを得意としているのが私の強みだと思います。

あと今は問題になっている経営者の高齢化に伴う後継者への経営承継や相続税対策なんかも組み合わせてやっています。そこは今需要があるので強化しています。

大きい会社じゃなくとも個人事務所などでもコンサルティングをお願いすると業績はあがりますか?

-例えば昔からやっている老舗で、それなりに人数も売り上げ規模もあるところだと、悪い個所も多く改善の余地は大きいです。ですが、中小企業で業界的な縮小もあったりして余力が状況だと改善が難しいのも事実です。重要なのは余力がある間に改善に向けて動く事だと思います。

ありがとうございます。JCマガジンに連絡先を載せても大丈夫ですか?

-大丈夫です。

苗村 俊(なえむらしゅん)(公認会計士、税理士、経営革新等支援機関)

なえむら総合会計事務所 代表

なえむら総合コンサルティング株式会社 代表取締役

〒252-0311

神奈川県相模原市南区東林間5-2-7 U-チャリス東林間205号室

(小田急線江ノ島線 東林間駅 西口下車徒歩1分)

TEL:042-705-2627

FAX:042-705-2637

JCの醍醐味は何だと思いますか?入って良かったこと、面白かったこと、ふざけんなっておもったこと(笑)などあれば教えて下さい!

-(JCには)税理士や会計士が少ないので、100人メンバーがいれば、メンバーやその関係者から仕事に結びつく可能性は高く入ってよかったと思います。ですがそれだけではなく、例えば名刺交換だけの異業種交流会などとは違って、一人ひとりの人間を知ることが出来ること、何度も会って一緒に活動することによって信頼にも繋がること。JC活動をちゃんとやっている人は仕事でも手堅くやってくれるのも想像できるので、安心して仕事をお願いできることが大きいです。(お客様に専門家や業者を)紹介するにも責任があるので、お互いの信頼関係がしっかりとあるので本当に安心できます。

あとは、私は相模原出身でもなく数年前にたまたま相模原に住み始めた関係で知り合いも全然いないので、似た境遇の同世代の仲間が沢山出来たのも良かったです。

まさに醍醐味ですね。最後に一言お願いします。

-せっかくJCやるんだったら、楽しくやりたいなと思うので、今後も出来る限りは協力したいと思います。活動の中で、自分が持っていない魅力的なものを持っている人、例えば私は職業柄理屈的なことはできますけど、人を引っ張ったり巻き込んだりはどちらかというと不得意なので、自分にはない魅力を持つメンバーから色々学ばせていただきたいと思います。

ありがとうございました!

インタビュー 星

文 吉井

Follow us

相模原JCの活動をご理解頂き、共に応援して下さる方々を募集しております