渉外日記 全国大会(富山大会編)

私が今年卒業ということもあり、初参加した全国大会・富山大会は天候との戦いでした。 令和元年台風19号という史上まれにみる大型台風が近づく中、期待と不安そして相模原名物世界一のカレーパンを手にJCメンバーの仲間と相模原を旅立ちました。

台風上陸予想は12日(土)でしたが、11日(金)着という前乗り組であったため道中に台風の影響はなく、無事に大懇親会に到着しました。富山名物の富山ブラック(ラーメン)や寿司の屋台を満喫、シークレットゲストのファンキー加藤氏が懇親会会場を盛り上げてくれる中、この大会のハイライトと言っても良い重要な一報が入りました。

「富山大会中止になるかも」

衝撃です、“せっかく富山まで片道6時間の道のりを来たのに!“と愚痴りたいところもほどほどに  ・明日出発予定のLOMバスはどうするの!?  ・大会中止だったら卒業式は無くなっちゃうの?! などなど、これからの課題を整理していかなければなりません。結局、12日(土)の富山大会公式スケジュール満載の一日は全て中止、卒業式は13日(日)に延期し規模縮小ながらも行うこととなりました。

それをうけLOMバスは中止、その他の交通手段で来ようとしていたメンバーも、11日時点で相模原にいるメンバーは相模原待機して台風に備えるという判断になりました。これを宿泊ホテルの横に急遽開催したプチLOMナイトで伝えている、苦悩した理事長の顔と厚切りの刺身が美味しかったことは忘れられません。

一夜明け12日、本来であればスケジュール満載の一日でしたが、全公式スケジュールは中止。相模原にいるメンバーは台風で大変なのではと心配をしていましたが、昨日の苦悩の末出した「相模原待機」の判断のため、JCメンバー半数は相模原に残っており、既に富山に到着したメンバーは折角富山大会に参加しているのでとLOMランチ、市内観光、LOMナイトと富山を満喫することが出来ました。

特に市内観光で乗ったチンチン電車は富山駅からホテルまで車より早く、コンパクトシティ、SDGsを推進している富山の一端を少なからず見ることが出来ました。また、LOMナイトでは台風のため来られなかった相模原JCメンバー分の食材を余らせてしまわないよう、他LOMに会場を提供し、相模原LOMメンバーが出向でお世話になっている富山LOMメンバーを招待する等、可能な限り全て食べ尽くすことができたことはSDGsを掲げる団体として良い判断が出来たと思っています。それに、あんな新鮮で美味しい刺身であれば2人前・3人前でも食べられたので残すことは無かったでしょう。JCに入ると太る人が多いのは食べ残しを減らすSDGsを信念にしていることと、美味しい物を食べ歩きしてしまうことのせいだと思います!

そして13日、卒業式は無事に開催され麻生副総理や著名人が列席する中、最前列で見ることが出来ました。会場は予定していた会場ではないそうで、富山LOMメンバーによる急しつらえに感謝したいと思います。また、相模原に残らざるを得なかった卒業メンバーのため、相模原JCの卒業式、卒業例会を盛り上げていきたいと思い締めくくりたいと思います。

そういえば富山出発前に最後に食べた、パチンコ店に併設された食堂の生姜焼きも意外と美味しかったな。今度はJC関係なく富山に食レポ日記書きに行こうかな。

相模原JCを
いいね ! しよう